2週間でマインドブロックを外す!〜ビリーフチェンジ体験記〜

      2016/05/06

Pocket
LINEで送る

ビリーフチェンジを受けようと思った背景

ここのところ、僕より大きな結果をだしている、
先輩方とお話をする機会に恵まれるものの、
人生に活かしきれていない事に葛藤していました。

そんな時、潤くんから連絡をもらい、
葛藤があるなら、対面セッションか、遠隔アファメーションか、
好きな方でブロックを外して「得たい結果を得る」お手伝いをするよ。

という趣旨のLINEをもらったので、
セラピーをしてもらうことにしました。

僕は沖縄に住んでいて、潤くんは神奈川に住んでいるので、
東京に用事があるまでは、遠隔アファメーションで、
セラピーをしていく線でお願いをしました。

期間としは、2週間じっくり取り組んでいく形。
どんな、自分と出会えるのか非常に楽しみです。
あんまり、しんどくないといいなぁ。

 

あっ、セラピー全体に感じている事のシェアを先に。

ここから、2週間、自分と向き合う時間が流れるのですが、
それを始める前に、セラピー全体に感じてる事をシェアしたいと思います。

セラピーを受けた事がある人であれば、
大体、察しがつく事だと思うのですが、
マインドブロックや、凝り固まった感情を癒す時は、
ほとんど。と言ってよいほど、両親と自分の関わりが出てきます。

小さい時に立ち戻って、親のあの時のあの言動が、
今の自分の行動を宣言したり、ねじ曲げてしまった。。。

という類いの話しです。

正直な所、僕はこのあたりに抵抗を感じています。
僕は今、父に対しては経済人として高い尊敬があったり、
母に対しては家族を支えてくれた事に対する感謝が強かったりします。

でも、セラピーをしていけば、
きっと、両親に対する不満にも近い感覚が湧いてくるのだと思います。

それは、スムーズに自立する事が出来なかった自分の責任のはずですが、
一人では味わい切れない感情を、親に一度、壁打ちさせてもらって、
自分を癒していくプロセスだと思っています。

もしくは、子供が出来て親になって、
子供が大人になって子供が出来て親になるという子孫繁栄。

誰から始まったかも分からない、感情のブロックの引き継ぎを、
自分で癒す為に、親に一度、壁打させてもらう。
というプロセスだとも思っています。

つまり、責任も親を犠牲にするような雰囲気がでてきたとしたら、
それは、要観察のポイントだな。という事です。

このあたりに、緊張がありながらですが、
2週間の取り組みに入っていきたいと思います。

2週間セラピー頑張るぞ

僕自身、こんな事を書いているところを見ると、
両親の事が好きだと思っている人ほど、
深いところで感情のしこりがあるかもしれません。

逆の視点からみれば、
深いテーマに触れたくないから、
両親に深い愛情を感じさせて、
両親と自分との関係には何の問題もなかった、完璧だった、
非は自分にあると考えるのが主体性を持った考え方だ。
くらいに考える人もいるかもしれません。

改めて、考え過ぎ感も汲み取りながら、
気を楽に取り組みたいと思います。

 

まずは、潤くんとのLINEのやり取りをご覧下さい。

 

潤くんとのLINEの会話

LINEの会話1LINEの会話2LINEの会話3LINEの会話4LINEの会話5LINEの会話6LINE8

こんな感じのLINEを潤くんからもらったので、
早速、今夜から貰った指示に従って、
自分時間を取って行こうと思います。

※僕と、潤くん以外の名前は、赤で伏せさせてもらいました。
ブロックがとれたら、僕からちょいっと連絡しちゃうかもです(笑)

 

2週間のビリーフチェンジ体験記

■2014年6月15日 (1日目)

体勢:仰向け
時間帯:夜中
夜に目を閉じて体を感じる時間を取る。
体の力が全部抜けた頃を見計らって、
実際にあった、飲み会の席のイメージを作って、
体のどこの部分に、何を感じるのかを探し出す。

どこにも、何も感じない。。。
もの凄く、小さいサインを探す様な気持ち。

 

■2014年6月16日 (2日目)

体勢:仰向け
時間帯:昼間

布団の上で目を閉じて体の力を抜く。
余計な感情が無い事を確認してから、
昨晩と同じ様に、飲み会のイメージを作って、
実際に言われた台詞を頭の中で繰り返しながら、
相手の表情やお店の明るさをイメージの中で再現しようとする。

昨日は何も感じられなかった感覚が、
今日は、胸のあたりかな?首の根っこかな?
腹や、下腹や脚では無い感じがしている。

何となく、悲しみに近い感情が貯まっている感じがする。

 

■2014年6月17日 (3日目)

体勢:仰向け
時間帯:夜中

あきらと大東寿司を食べて帰宅して、
パソコンをちょっと開いてシャワーを浴びて、
妻が寝ている布団の横で横になって開始。

脱力した事を確認して、
昨日と同じ飲み会のイメージを作る。
今日は、先輩の姿をイメージしながらも、
先輩の向こう側にいる飲み会のメンバーが気になる。

ふと、自分が人に気を使いすぎる事がよぎって、
なぜ、こんなにも人に気を使わなければいけないのか。
という類いの怒りが少しずつ湧いてきた。

時間がたって気付いた時には、怒りを表現する台詞をかりて(イメージの中で)
最後はワーワーワー!!!やって、怒りを放出(イメージの中で)。
台詞としては、「何で俺が気を使わなきゃいけなんだよ。」という感じ。
小さい頃からの色んなイメージが3つほど湧いて来た。

何故か最後に、さんまさんの顔が湧いて来て、なんか落ち着いた(笑)

その後に、「(複数人いる時、雰囲気が悪くなったら、)どうしたらいいのか分かんないよ。」
と、悲しみを感じていると、結構、沢山泣けた。
交流会とかで疲れやすい原因はこれかなと一瞬解釈する。

最後は怖い感じというか、自分を止めたくなる感じがして、
太ももの前の部分や、すねの部分に緊張を感じた。
自分を止めたい。ブレーキしたい。そうしないと、何かまずい。
という感じがして、ゆっくり感じていたら、

変化が怖い感じがした。更に感じていると、
そうではなくて、自分が変化しないで、周りが変化すると、
置いていかれてしまうので、それが怖い。と思っている事が分かって来た。
それが嫌な感じを感じていると、涙がでてきた。結構すっきりした。

一頻り感じていたら、
隣で寝ていた妻が寝返りうった拍子に僕にエルボーして、
集中力切れちゃったし、終わりの合図かな。と思って終了。

※怒りは腹で感じると思っていたが、今日は胸で怒りを感じた。

 

■2014年6月18日 (4日目)

<潤くんとLINEのやり取り>

ビリーフチェンジLINE10

ビリーフチェンジLINE9

体勢:仰向け
時間帯:夜中

体全体を脱力するまではいつも通り行って、
脱力を感じてから、潤くんから貰っている、
子供の頃をイメージするがこの日は、集中できない。。。

何度も、繰り返すが中々できないので、
今日は、これ以上は突っ込まないで寝る。

 

■2014年6月19日 (5日目)

<潤くんとLINEのやり取り>

LINEでのやり取り_20140619

体勢:仰向け
時間帯:夜

この日も中々、集中できない。
扱っているテーマが大きいのか、
深いところでこのテーマに取り組む事を嫌がっている感じさえする。

ここは、気長に取り組もうと思う。

 

■2014年6月20日 (6日目)

体勢:仰向け
時間帯:昼間

今日も集中できない。
きつい。。。

 

■2014年6月21日 (7日目)

体勢:仰向け
時間帯:朝方

「頑張らなくても、僕は大切ですか?」
という問いをイメージの中で行う。

このテーマは、僕に取って重いテーマの様で、
集中して向き合うのが難しいので、
今日は、脱力にいつもの、2倍〜3倍の時間を使ってみた。

すると、少しだけ取り組めた様な感じがする。
途中、床が傾く様な感覚(ものすごく、大げさにいうと、)を感じた。
同時に、膝に違和感が出てきた気がした。

やはり、怖いのだろうか。。。

 

時間を置いて、もう一回チャレンジ。
奥さんに、収入がなくなっても一緒にいるよ。と何回も言ってもらう。
シーツで体をくるんでもらって、その上から抱きしめてもらう。

少しずつ、感情を感じやすくなってきた感じがする。
集中しているつもりが、眠ってしまった。。。

 

■2014年6月22日 (8日目)

体勢:仰向け
時間帯:朝方

上手く出来ない事に捉われていて、
何か上手く出来ない感じがして、
やはり、デトックスに集中できない。

とにかく、決まった台詞を繰り返しては、
昔々のイメージをありありとイメージできるように努める。

 

■2014年6月23日 (9日目)

体勢:仰向け
時間帯:夜

飛行機の移動もありながら、
時間があれば、何度も台詞をつぶやく。

僕は頑張らないと、存在しちゃいけないのか。

という意味合いの言葉を、
その場にリアルな感じにカスタマイズしてはなってみる。
少し、鼻や目頭がツーンとする感じがしている。

 

■2014年6月24日 (10日目)

体勢:電車で移動中
時間帯:日中

昨日、沢山、イメージをしたので、
その名残で、イメージが鮮明になってきた。

少しずつ、変化も出ている感じがする。

東京に来てから、
自分の体を感じながら、
イメージを作ったり、感情を感じる余裕がない。

一生懸命に動く時こそ、
自分の感情を開放していくプロセスを作りたいと思った。

 

■2014年6月25日 (11日目)

今日は出来なかった。。。
くぅ。。。

 

■2014年6月26日 (12日目)

今日も、昨日に引続き出来なかった。。。

 

■2014年6月27日 (13日目)

体勢:椅子に座って
時間帯:夜

サンズで緊急ミーティングがあって集合。
感情がワサワサ湧いてくることもあって、
潤くんと、いくちゃんが言っていた、
トイレでゲーとなるやつを試してみる。

思ったより簡単にできたし、
感情を感じきってすっきりするよりも、
めちゃくちゃ早くすっきりした。

でも、席に戻ると、
足下から感情が復活してきた。

ぶり返しているのか、
次の感情が出てきているのか観察する事にする。

 

■2014年6月28日 (14日目)

体勢:清水湯の布団
時間帯:朝

仕事で色々あって、
強めの感情が吹き出してくる。

潤くんから貰っているテーマ以外ではあるが、
その感情にフォーカスして時間をすごす。

寒さを感じたので、
布団を体にかけて暖めた所、
感情がじわーっと感じられたきた。

仕事で色々あったのは、
3日前の事なので、
僕はもしかしたら、感情が湧いてくるのに、
少し、時間がかかるのかもしれない。
と、一つ解釈を持ってみることにする。

 

ここで、2週間のデトックスが終了です。

 

体験後記

1、実際にやってみて感じた事と、
2、成果について体験後記としてまとめたいと思います。

1、実際にやってみて感じた事

毎日、 リラックスして感情を感じる時間を取るのが、
意外と大変だった。

日々、色々な感情が湧いてくるので、
一つのテーマに絞って感情を感じ続けるのが難しかった。

人に対する執着について、色々角度から取り組む物の、
仕事でトラブルがあればそこに注力してしまうし、
他の事で、感情がワチャワチャすれば、
そちらに、意識を持っていかれる。

2、成果

完全に僕の主観ですが、
誰かに好かれる為の仕事が減った様な気がします。

どこからそれを感じたかというと、
「緊急事項」が自分の中で減ったあたりです。

僕は、「ナルハヤ」で作業をする事に、
小さな美徳を持っていますが、
それが減ってきたという感じです。

 

正直な所、
心が楽になった!!!
とか、現実がこんな風にガラリっっっと変わりました!

と言う様な報告が出来たら良かったのですが、
そんな簡単ではありませんでした。

僕としては、夢が実現する感覚と近いのかな。と思っていて、
感情を開放しつづけていくと、

あれ、落ち込み方変わったぞ。
この感じで言われても、むかつかなくなったぞ。
パートナーの機嫌が良い日が多いぞ。
仕事でストレスなく行動できるぞ。

などなど、と気がつく時が来るのかな。
と思ったりしています。

実際に、僕が、ある日、気がついた変化としては、
吃りがかなり少なくなった。というのがあります。

潤くん、いくちゃんと千葉での立上げ時代は、
感情のシェアを毎晩行っていたので、
僕としては3回ほど、心をボッキリ折られる様な経験がありました。

深く落ち込みそうになる感じもありましたが、
あの時の会話と、あの後のケアが、
吃りを軽減させた。という実感が僕にはあります。

まだ、ブログに書くには恥ずかしい癖が、
僕には沢山あって、それらがどんどん、癒されていく事を期待しています。

 

 

せっかく東京に来たので、、、

せっかく、東京に来たので、
潤くんにビリーフチェンジのセッションをしてもらいました。

 

■2014年7月4日 (対面セラピー)

LINEで指示を貰っていたセッションでしたが、
沖縄から東京に来ていたタイミングだったので、
潤くんにセラピーをしてもらいました。

得たい結果は、変わらずの、
活躍する先輩に対するビビりをなくしたい。
という物です。

怒りを出すために振り回すタオルを100円均一で購入し、
ゼロ円で使える区民センターに一室を借りて、90分ほど取り組みました。

雑談から、テーマの確認に入り、
そこにまつわる感情を確認します。

その感情に紐づいて連想される過去のイメージを、
自由に口にだす感じで、更に感情を湧くままに話していきます。

例えば、仕事で感じている人間関係のストレスを感じ続けて、
あっこれ、小学生の時、教室でも感じてたかもしれない。
みたいな要領で話していく感じです。

潤くんの質問や誘導で、
その感情が、「悲しみ」「怒り」「恐怖」のどれなのかを確認し、
悲しみであれば、涙を流しながら悲しみ、
怒りであれば、タオルを振り回しながら怒り、
恐怖であれば、脚がすくむほどに恐がります。

小さい頃に処理し切れなかった出来事を、
大人になってからイメージの中で疑似体験して、
「もう大丈夫、もう大丈夫、大人の自分からすれば大した事ない。」と、
思える様に、しっかりと感情を感じていくという感じです。

言葉にすると簡単なのですが、
リアルに疑似体験して感情を感じきるのは、
何度も練習する必要があると思いました。

人に見られながら、涙を流したり、
タオルを振り回して怒ったりするのは、
正直なところ、少々、抵抗もあります。

本当は、セッションの様子も書けたら良かったのですが、
けっこうな感じで怒っていて、後から音声を聞くと引いてしまう感じだったので、
「いやぁ、このセッション、けっこう効いたんじゃないか。」
という感想に止めておきたいと思います。

テーマ的には、セッションをしながら変化し、
年上の男性に遠慮してしまう。という事から、
心配から人を助けようとする。けど、本当は自分の事を大切にしたい。
という事に取り組みました。

 

今後の流れとして。

今後の流れとしては、

・年上の男性に遠慮してしまう
・頑張らないといけない(活躍しないといけない)
・人を守らなければ行けない

この辺りのテーマについて、
潤くんにお願いをして取り組んでいきたいと思います。

最後まで、読んでくれてありがとうございます。
僕が感情のシェアやセラピーや瞑想で癒されているので、
そういったツールを知らずに、辛い気持ちでいる人に、
セラピーというものが、少しでも伝わってくれると嬉しいです。

 

潤くんのセラピーに興味がある人へ

潤くんのセラピーに興味がある方はFacebookからメッセージしてみてください。
僕は1セッション(2時間)3万円でお願いしています。

また、LINEメッセージなどを含めて、
マインドブロックをごっそり外していくパターンも、
ありだと思うので、やりたい方は直接相談して見下さい!

潤くんのFacebookアカウント⇒https://www.facebook.com/junjunnakano

セラピーを受けるまでは興味はないけど、
潤くんのセラピーの情報を定期的に取りたい方は、
潤くんのTwitterがお勧めです。

潤くんのTwitterアカウント⇒https://twitter.com/toritonn661

 

 

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Pocket
LINEで送る

Facebookページ

 - Meditation_瞑想, Therapy_セラピー